ハーバード大学がマッサージの効果を科学的に証明!

ついに、マッサージの効果が科学的に解明されました!
アメリカのハーバード大学が行った動物実験によって、
「マッサージは、
炎症を引き起こす免疫細胞や炎症物質を筋細胞から洗い流すことにより、
筋肉を損傷したマウスの回復力を約2倍すると同時に、
新たに再生する筋繊維の質を、より強固にする」ことが解明されました。

また、
「最も優れた効果を得るには、筋肉損傷が起きてから3日目以降に炎症因子を除去するといい」
ことも判りました。

私はこれまで、
「マッサージは、患部に停滞する炎症物質や発痛物質を流すことで自己治癒力の改善が起こり、症状を緩和できると考えています」
と申し上げてまいりましたが、上述の証明により、
断言できることとなりました。

なお、上述の詳細は10月6日の『SCIENCE TRANSLATIONAL MEDICINE』に掲載されています。

皆さまの普段の生活に鍼灸マッサージ治療院を取り入れていただき、自己治癒力の改善をご体感いただければと存じます。
最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。

目次
閉じる